英語学習

リスニング力アップに最適!シャドーイングのすすめ

癒やされている女性

sponsored link

私は今でこそイギリスで生活できていますが、もともと英語ができたかというと決してそうではありません。

私は日本生まれ日本育ちの100%純ジャパニーズ。英語は中学校の英語教育まで学んだこともありませんでした。

私が英語をある程度聞き取れるようになった方法の一つとして、シャドーイングが挙げられます。

このシャドーイングなしには、今の英語力はなかっただろうと自分でも思っています。(留学ではありません)

今回は高い効果を感じられたシャドーイングについて紹介していきます。

Advertisements

リスニング力アップを図る効果的なシャドーイング

大きな声で発音練習する女性

シャドーイングとは何か

自分が聞こえてきた英語に対して、聞こえた通りに少し遅れて自分でもう一度言ってみる、文字通り影のように静かについていくことからつけられた名前です。

もともと同時通訳者のトレーニングだったそうですが、通訳者を目指さない方にも効果があります。

この勉強法は、ただ聞き流すだけの時よりずっと効果を感じられました。

では次にシャドーイングの方法やコツについてお話ししていきます。

効果があったシャドーイングのやり方

1、英文を見ないで音声を聞いてみる

2、スクリプトで聞こえてきた英語を確認しながらよく音声を聞く

3、スクリプトを見ながら.聞こえてくる音生と合わせて同時に話す

4 .テキストを見ないでシャドーイング

5、完全に聞き取れるようになったら、繰り返しシャドーイングを行いさらに理解を深める

シャドーイングに使う教材

ご自身のレベルに合った教材、また目指す英語に近い教材がいいと思います。

シャドーイング用の教材を購入しなくても、インターネット上にある数分程度の音声で十分です。もちろん専用の教材を購入するのもありです。

具体的には自分で一度聞いてみて大体意味のわかるものが自分にあったレベルです。

もし全然わからないと言うことであれば、使用する音声のレベルを下げたほうがいいです。

ただしドラマや映画など難易度が高いものを観たくて、自分にのレベルに合ったものがない場合は、しっかり単語や文構造を理解し意味を把握した上で始めるのであれば大丈夫です。

そしてどんな英語を聞き取れるようになりたいのかを決め、アメリカ英語を学びたいのかイギリス英語を学びたいのか、TOEICなどの試験問題対策をしたいのか、ネイティブが日常会話で話す英語なのか、ご自身の目的によっても教材を変えてください。

慣れないうちは、レベルが合わない場合を除きあまり教材を頻繁に変えることはおすすめではありません。

シャドーイングの大切なポイント

それは、しっかりと単語や文法が理解でき意味がわかる英語を聞いて同じように真似することです。

意味がわからないままシャドーイングを行ったり、発音や抑揚を意識せず適当に繰り返しでもシャドーイングの効果を発揮されません。

また、恥ずかしがらずに、周りを気にせず堂々と発音してください。

やり慣れてないうちは、意外と難しいと思います。でも、できるようになるまで辛抱強く練習してください。

シャドーイングは、何回やればいいというものではなく、自分が聞こえるまでやる事、聞こえた英語がしっかり言えるようになるまでやることが大切です。

どうしても聞こえない場合は教材のレベルを下げるか、再生スピードを遅くしても、しっかり聞き取れるようになるまでやりこんでください。

少しずつでもいいのでとにかく毎日継続し、繰り返し同じ音声を聞いて復習するようにしてください。

まとめ

シャドーイングは、シンプルでとても効果の高い学習方法です。

正しい方法で、長期間繰り返せばリスニング力のアップにつながります。

たくさん英語を聞き、聞き取れる英語をどんどん増やしていってください。

すぐに効果は出ませんが、継続していくうちにだんだんと効果を感じることができます。

ブログを見てくださり、ありがとうございます。よろしければ「日本ブログ村」応援バナーをクリックいただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-英語学習

© 2021  さんるーと's blog 🌄     Powered by AFFINGER5