英語学習

誰でもできる!独学で英語が話せるようになった勉強法

ゲームをしている人たち

sponsored link

私は今でこそイギリスで生活できていますが、もともと英語ができたかというと、そうではありません。

私は日本生まれ日本育ちの100%純ジャパニーズ。英語は中学校の英語教育まで学んだこともありませんでした。

私が英語をある程度話せるようになった方法の一つとして、瞬間英作文が挙げられます。

この瞬間英作文の練習をしていなかったら、今でも英語は話せていなかっただろうと思います。

「留学してたから英語ペラペラでしょう?」とよく言われますが、正直留学しただけでは英会話力を伸ばすことができません。わたしは留学前にこの瞬間英作文をやりこみました。

これから留学予定の方も、渡航前に話せる英語が多ければ多いほど現地生活はより楽しくなると思うので、是非参考にしてください。

今回はスピーキング力向上に役立つ瞬間英作文について紹介していきます。

Advertisements

瞬間英作文を使ったスピーキング練習

英語の勉強をしている

瞬間英作文とは

瞬間英作文とは、日本語を見て瞬時に英文を作成する勉強法です。

私はこの練習を繰り返し、英語で言いたいことがほぼ伝えられるようになりました。

この、瞬間英作文できるフレーズが増えれば増えるほど、自分が話せる英語も増えていきます。

また英作文できるスピードが上がれば上がるほど、よりスムーズに会話ができるようになります。

瞬間英作文のやり方

まず最初に、前準備として中学校で習う英単語や文法はマスターしておきましょう。

マスターした上で、よく使うシンプルで簡単なフレーズから練習を始めます。

使う教材は、瞬間英作文専用の書籍を購入しても良いですし、ご自身がお持ちのテキストや添削してもらったフレーズ等でも大丈夫です。

日本語を見てできるだけ早く英文に訳し、それを口に出すようにしてください。

始めは、たとえに簡単なものでも、なかなかすらすらと口から出てこないものです。

また一度やって終わりではなく、瞬時に英文に変えられ口からすらすらと出てくるまで、ひたすら練習を繰り返してください。

短い文で簡単な表現を使い、英作文ができるようになったら、次はより難しい文法や長い文に変えていくと良いでしょう。

英語がすらすら話せるようになるまで

瞬間英作文が大切と言う事はこれまでで分かったと思いますが、次に覚えた英語を実際に使ってみることが大切です。

人と話していると、緊張していたり、ていなかったりで、完璧に練習していてとっさの時に出てこないと言う事はよくあります。

覚えた英作文はできるだけアウトプットの環境を作り、忘れる前に実際に使ってみることが英語が話せるようになるステップです。

そして、会話ができるようになり、英語を話すことにある程度慣れてくると決まりきった表現ばかりを繰り返し使うようになります。

ずっとそれを繰り返してしまうと、それ以上の成長が見込めないので、ぜひ新しいフレーズをどんどん覚えて積極的に忘れる前に使うようにしましょう。

まとめ

瞬間英作文は、瞬時に訳した英語が口から出てくるようになるまで、時間や労力が必要です。

しかし、すぐに出てくる英語を自分の中に落とし込むと言う事は、それだけ自分が伝えられる英語が増えるという事です。

これを真剣に続けていけば、日本にいても、誰でも、英語は話せるようになります。

わたしはよく「留学してたから英語ペラペラでしょう?」と言われますが、正直留学しただけでは英会話力を伸ばすことは難しいです。わたしは留学前にこの瞬間英作文をやりこみました。

これから留学予定の方も、話せる英語が多ければ多いほど現地生活はより楽しくなると思います。

また瞬間英作文はゴールではなく、とっさの時に出てくる英語こそが使える英語、話せる英語です。

瞬間英作文ができるようになるまで繰り返しの練習を行い、覚えたら使うこと、そして学ぶ英語のレベルを上げていくことを徹底してください。

sponsored link

-英語学習

© 2021  さんるーと's blog 🌄     Powered by AFFINGER5