病院に行きたい

【実体験】イギリスで急遽病院に行きたくなったら!

外国で病院や歯医者にかかることはあまりないかも、と思う方も多いかもしれません・・・。わたしもそのうちの一人でした。しかし!現地に着いてから急に咳が止まらなくなり、慌てて病院を受診することになりました。イギリスの病院システムもわからず受診にたどり着くまで四苦八苦でした。普段病院に行くことがない方でも、急な環境の変化は、体調にも影響を及ぼすことがあります。今日は病院に行った体験についてまとめました。

イギリスの医療制度
(6ヶ月以上滞在する場合のみ)イギリスではNHSと呼ばれる国の医療機関があり、病院での診察はすべて無料です。処方箋のみ自己負担となります。保険料はビザの取得前に皆さんが払った、あのNHSです。日本のように保険証システムではないので、カードなどもありません。また有料のプライベート経営の病院もあります。わたしは無料の病院へ行きました。

日本と全然違う病院システム
イギリスでは医者に行くときは、まず自宅から近いGPと呼ばれる小さなクリニックのようなところへ行きます。そのときに、問診票のような書類を4,5枚ぐらい渡されました。診療の待ち時間は長めで、診療はささっと終わりました。そしてそのGPの下した判断次第で、大きい病院の指定された診療科へ行く形となります。GPだけで終わることもあります。日本では行く病院と診療科は患者自身が決めることが多いので、わたしは最初GPの存在を知らず、いきなり総合病院の、自己判断で適切だと思う診療科へ行ってしまい、まずGPに行くよう注意を受けました。
日本語対応もあるけれど・・・
ロンドンには日本人のお医者さんがみえる病院もあります。わたしのように地方在住ですと、見つけるのは難しいのですが電話を通じて日本語での通訳サービスがあります。GPにはこのサービスはないのですが、大きい病院にいくと通訳をつけてもらえます。わたしは初めて病院へ行ったとき、このサービスを知らずあまりはっきりと理解できませんでした。2回目に行くときは、事前に通訳がお願いできるとの情報を得ていたのでお願いしました。感想は、正直良くなかったです。日本人の方だと思いますが、ちょっとわからないところを聞き返したり、思った答えができないとき非常にきつい言い方をされました。その通訳さんは。、ドクターから言われていることが全部わからないようで何度か指摘を受けたり、もう一度わたしに聞くように言われていました。なのでちょっと心配な要素もありました。

引っ越ししたら
このGPと呼ばれるクリニックですが、自分の家から一番近いところを探して行く形になります。なので引っ越しをしてしまうと、また新たに最寄りのBPを探して登録からやり直さないといけません。あの書類一式を全部また記入するのは面倒ですから、受診したいと思うことがあれば引っ越し前(住所変更前)に済ませておくことをおすすめします。

歯医者は無料じゃない歯医者に関しては、NHSとプライベートの歯医者と二種類あり、どちらも日本人のわたしたちには有料です。また、医科と違ってこちらはGPの制度もなく自分で行きたい歯医者に直接行って、その場で登録、治療という流れです。NHSの方が料金は安く、歯医者自体が少ないので見つけにくいです。ただ、何人かの現地の方や歯科医師曰く、プライベート歯科医院の方が、診察料は高いけどNHSほど混んでないから時間がある分ゆっくり診てもらえるし、平均的に技術水準も高い、そうです。受診料が心配なら電話で予約を取るときに聞くといい、とのことでした。現地の友人はNHSの歯医者へ行ったとき、歯医者がやり方がわからずそこにいた大学生の研修生が代わりに治療したそうです。NHSの歯医者のスキルはやはりちょっと心配ですね・・・。

たまに無料検診の案内も来るイギリスでは数年に一回がん検診があります。(部位によって検診該当年齢が異なります。)わたしはちょうど、イギリスが定めるがん検診の年齢のときに留学していたため、NHSよりがん検診の案内をもらいました。わたしは残念ながら気づくのが遅かったので、電話したときには数ヶ月先まで予約がいっぱいとのことで結局受診はできませんでしたが、NHS加入者で案内を受け取った方は、これらの検診も無料で受診することができます。

-病院に行きたい

© 2021 社会人のイギリス留学 Powered by AFFINGER5